Column

金管楽器と木管楽器って、何が違うの?(前編)

2020.03.01音楽のマナビ

金管楽器と木管楽器って、何が違うの?(前編)

音楽って、様々な楽器が使われていますよね。

最近のミュージシャンの楽曲だと色んな音が複雑に混ざりあっていて、「え、これすごくいい音だけど何の楽器?」ってなること結構ありますよね。

そんな楽器ですが、ざっくり分けると、鍵盤楽器、弦楽器、管楽器、打楽器、電子楽器などに分類できます。

今回は、オーケストラや吹奏楽で活躍する管楽器についてのお話です。

 

管楽器を大きく2つに分けると木管楽器金管楽器に分かれます。

クラリネット、フルート、オーボエ、サックスなどが木管楽器、

トランペット、ホルン、トロンボーン、チューバなどが金管楽器です。

どの楽器も音色や見た目はもちろん違いますが、なんで「木管」と「金管」にわかれているんでしょう。

木管楽器と金管楽器って、一体何が違うんでしょうか?

 

「読んで字のごとく、材質の違いなんじゃないの?」

そうですね、金管楽器は金とか銀とか、見た目もきらびやかな金属で作られてますよね。

木管楽器はどうでしょう。

クラリネットはグラナディラという木から作られていますし、フルートも現在では金属製が主流ですが、もとをたどれば最初は木から作られていました。

でもサックスについては、実は違うんです。

サックスは、生まれたときから金属だったんです。

「じゃあサックスは木管楽器じゃないってこと??」

そうですよね、そうなりますよね。

 

実は、管体の素材だけではない、ある基準によって、木管楽器と金管楽器は区別されているのです。

 

後編に続く

SNS

同じカテゴリの記事

教室の雰囲気を一度体験したい いきなり通うのは不安

そんなあなたに安心。
無料体験レッスン
行なっています !

クラブナージは初めて音楽を習う方が多いので、初心者大歓迎 !
まずはお気軽にお越しください。

体験レッスンのお申し込み

お電話は
こちら

052-753-7200 0120-969-543

平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

サックスを持つ笑顔の女性