column

金管楽器と木管楽器って、何が違うの? 後編

2020.03.02

金管楽器と木管楽器って、何が違うの? 後編

前編では、管楽器は主に木管楽器と金管楽器の2つに分類されるという話をしました

後編では、木管楽器と金管楽器を区別する「基準」について、詳しく説明したいと思い
ます。

◆「基準」とは?

そもそも管楽器というのは、振動させた空気の長さを変えることで音程を変えています。
例えばピアノだと、弦が長いほど低い音が出るし、弦が短いほど高い音になりますよね。
ピアノでいう「弦」が、管楽器だと「空気」なんです。

この、管体に包まれた¨振動させる空気¨のことを、「空気柱」といいます。
実は、この「空気柱」の長さを変える方法によって、木管楽器と金管楽器は分けられているの
です。
長さをかえる方法の違いって、具体的にはどういうことでしょう。
ではここで、両軍から代表して二つの楽器に登場してもらいましょう。

木管:クラリネット

金管:トロンボーン

 

 

 

 

 

 

よく見てみてください、何が違うか……分かりますか?
そう!クラリネットには、管体に穴が開いていて、トロンボーンにはありませんよね!!
これが木管楽器と金管楽器との大きな違いなのです。

◆長くするか、短くするか

木管楽器は、ある一定の長さ(穴が一切開いていない状態)で作った管体に穴を開けていき
、「本来の長さよりも短くしていく」ことで音程を変えるように出来ています。
それに対し金管楽器は、ある一定の長さで作った管体を伸ばし、「本来の長さよりも長くして
いく」ことで音程を変えているのです。
木管楽器は、イメージしやすいですね。基本的には指を離すと穴が開くので、その分管体は
短くなっていきますよね。

金管楽器は、トロンボーンが一番イメージしやすいと思います。「スライド」という部分を伸ばす
と、その分管体が長くなっていきますよね。
トランペット等は、このスライドにあたる部分の働きを「ピストン」や「ロータリー」という部分が
行っています。
ピストンを押すと空気の流れるルートが変わり、本来の長さに、寄り道した分の管の長さがプ
ラスされるという仕組みなのです。

ピストンを押すと空気の流れるルートが変わり、本来の長さに、寄り道した分の管の長さがプ
ラスされるという仕組みなのです。

音程をかえるときに
「本来の長さより短くするか」
「本来の長さより長くするか」
これが、木管楽器と金管楽器を分けるポイントというわけです。

◆音の出し方も区別のポイント?

金管楽器は、どの楽器もマウスピースと呼ばれる道具に当てた唇を振動させて音を出します

これに対し、多くの木管楽器は、「リード」と呼ばれる葦などを薄く削ったものを振動させて音を
出します。
ただ、オーボエとクラリネットではリードもちょっと違いますし、そもそもフルートはリードを使わ
ずに音を出しています。
木管楽器のなかでも、音の出し方は様々に分かれるんです。
なので、「金管楽器と木管楽器の違い」として明確に定義するには、音の出し方だけではちょ
っと足りないかな、という感じです。

 

知ってるようで意外と知らない楽器の違い、おわかりいただけましたか?
楽器の歴史や面白い情報、また仕組みやメンテナンスの仕方などについてお届けしていきま
すので、楽しく読んでいただければと思います♪

それではまた!

SNS

教室の雰囲気を一度体験したい いきなり通うのは不安

そんなあなたに安心。
無料体験レッスン
行なっています !

クラブナージは初めて音楽を習う方が多いので、初心者大歓迎 !
まずはお気軽にお越しください。

体験レッスンのお申し込み

お電話は
こちら

052-753-7200 0120-969-543

平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

サックスを持つ笑顔の女性 サックスを持つ笑顔の女性