楽しく楽器を習える大人の憩いの場  クラブナージ音楽教室

名古屋(名駅・今池・栄)にあるクラブナージのブログページ。 レッスンの模様など、普段のクラブナージの様子を公開中。

初めての方/体験レッスン申し込み 052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

まずはここから 無料体験レッスン

ブログ

2019.12.25

【クラブナージの音楽知恵袋60】音を聴いて色が見える?共感覚の世界

芸術, 明るい, 色, カラフルです, パターン, 鉛筆, 虹, 学校, 文房具, 電源, 木材, 円

突然ですが、皆さんは音を聴いて色が見えますか?

筆者は見えません。

 

楽器を演奏している人でも、音を聴いて色が見える人はほとんどいないでしょう。

しかし、中には本当に音を聴くと色が見える人がいるようです!

この感覚は、共感覚と呼ばれています。

 

なぜ、共感覚を持つ人が現れるのでしょうか?

それは、聴覚と視覚が一つの感覚から派生しているからという説が有力です。

 

では、実際に共感覚を持っていた作曲家の1人を紹介していきたいと思います。

 

 

共感覚を持っていた作曲家・スクリャービン

ロシアの作曲家・アレクサンドル・スクリャービンは、共感覚を持っていたことで知られています。

 

彼が作曲した「交響曲第5番 プロメテウス」では、ピアノの鍵盤と様々な色の照明を連動させた「色光ピアノ」を使用する予定でしたが、技術的な問題で実現することは難しかったようです。

作曲された年は1910年。もう少し遅くに作曲されていれば、技術的な問題を解消できたかもしれません。

 

 

スクリャービン「交響曲第5番 プロメテウス」

 

ちなみに、スクリャービンが作品中で指定した色は、次のとおりです。

C(ド)=

G(ソ)=オレンジ

D(レ)=

A(ラ)=

E(ミ)=空色

B(シ)=

F♭(ファ♭)=明るい青

C♯(ド♯)=

A♭(ラ♭)=ライラック

E♭(ミ♭)=フラッシュ

B♭(シ♭)=ローズ

F(ファ)=深い赤色

 

スクリャービンの作曲の師匠であるリムスキー=コルサコフも、C(ドの音)=赤色

と感じていたようです。

他にも、作曲家のフランツ・リストやオリヴィエ・メシアンが共感覚の持ち主であったあったと言われています。

 

 

しかし、多くの音楽家は、C(ドの音)は白色と感じているようです。

これは、ピアノの白鍵のみを使用するハ長調は白を連想させるからです。

 

つまり、感覚的な色彩の欠如を、知覚によって埋め合わせているのかもしれません。

 

 

ドビュッシー「白と黒で」

 

 

まとめ

盲人の天才的な音楽家が多くいることから、色彩感と音楽的能力との相関性は薄いのではないかとも考えられます。

重要なことは、色彩を想起させるくらい豊かな音楽性を持つことかもしれません。

 

 

052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

TOPに戻る

まずはここから 無料体験レッスン

まずはここから 無料体験レッスン

楽器プレゼント