楽しく楽器を習える大人の憩いの場  クラブナージ音楽教室

名古屋(名駅・今池・栄)にあるクラブナージのブログページ。 レッスンの模様など、普段のクラブナージの様子を公開中。

初めての方/体験レッスン申し込み 052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

まずはここから 無料体験レッスン

ブログ

2019.11.22 雑談(337)

【クラブナージの音楽知恵袋49】現代のオーケストラ曲を紹介

シート ミュージック, 音楽, メロディー, シート, スコア, ピアノ, 高音, 音部記号, 楽器, 歌

現代音楽といえば、「メロディが無い、よく分からない音楽」と思われるかもしれません。

それもそのはず。

現代曲は、聴衆に聴いてもらうことをあまり考えずに作曲されています。

 

しかし、現代曲すべてが複雑で難解な曲であるとは限りません。

今回は、それなりに親しみやすい、またはコンセプトが面白い現代(近代)のオーケストラ作品を紹介します。

 

 

メシアン「トゥーランガリラ交響曲」

全10楽章、演奏時間70分を要する大作ですが、非常に官能的な響きをもち、耳に心地よい音楽です。

メシアンによれば、この曲の題名である「トゥーランガリラ 」とは、サンスクリット語に由来するそうです。

 

 

デュティユー「時の影」

指揮者の小澤征爾による委嘱作品。

デュティユーの作風は、近代と現代のちょうど中間ぐらいといえます。

伝統的なクラシック音楽の延長線上としての、コンテンポラリーともいえる作品を多く残しました。

 

 

カーゲル「ティンパニー協奏曲」

楽曲の最後で、ティンパニー奏者がティンパニーに頭を突っ込む指示が記されている楽曲。

通常の演奏とは別に、頭を突っ込むためだけのティンパニー(表面は紙製)を用意しなければなりません。

 

 

カーゲル「フィナーレ」

途中で指揮者が倒れる曲。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

一言で「戦後の近現代作品」といっても、様々なスタイルがあることが分かるでしょう。

伝統的な「ドレミ」にとらわれず、新たな視点で音楽に接してみると、見えてくるものがあるかもしれません。(好き嫌いは別として・・・・)

 

052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

TOPに戻る

まずはここから 無料体験レッスン

まずはここから 無料体験レッスン

楽器プレゼント