楽しく楽器を習える大人の憩いの場  クラブナージ音楽教室

名古屋(名駅・今池・栄)にあるクラブナージのブログページ。 レッスンの模様など、普段のクラブナージの様子を公開中。

初めての方/体験レッスン申し込み 052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

まずはここから 無料体験レッスン

ブログ

2019.10.02 雑談(299)

【クラブナージの音楽知恵袋17】チェロの有名曲を紹介(前編)

チェロ, 文字列, 弦楽器, 木, 楽器, クラシック音楽, 音楽楽器, 茶色, クラシック

歴史的に最も多くの作曲家に愛され、独奏曲のレパートリーに恵まれた弦楽器は、ヴァイオリンで疑いはないでしょう。

(ポピュラーも含めればギターではないかとの声もありますが、今回はクラシック音楽に絞ります)

 

では、クラシック音楽においてヴァイオリンの次に独奏曲に恵まれた弦楽器はどれでしょうか?

ヴィオラ?コントラバス?ハープ?

 

違うんです!

ヴィオラやコントラバスと比べ、圧倒的にチェロのための曲が多く書かれました。

 

今回は、チェロのために書かれたソロ曲の中でも、特に名曲といわれる作品を年代順にご紹介していきます。

 

 

バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番~第6番」

チェロ1台で、あたかもピアノ曲のようにメロディーから伴奏までこなす難曲。

全6曲ありますが、いずれも古典的な舞曲を集めた組曲です。

その中でも第1番のプレリュードは、チェロ曲で最も有名な曲の1つです。

 

ハイドン「チェロ協奏曲第1番・第2番」

「クラシック音楽」という言葉がもつイメージを、最も端的にあらわした音楽―それは、ヨーゼフ・ハイドンによって書かれた楽曲であろう。

しかし、このチェロ協奏曲においては、クラシック音楽という言葉の堅苦しさ、退屈さはほとんどありません。

両曲ともに強い推進力をもち、躍動感に満ちた作品です。

特に第2番は、超絶技巧のオン・パレードであり、名人芸と伸びやかな旋律が魅力的です。

 

ショパン「序奏と華麗なるポロネーズ」

ショパンが17歳の時に書いたといわれる、チェロとピアノのための小品です。

ショパンらしい甘味かつ華やかな序奏と、後にかかれた「英雄ポロネーズ」を思い起こすような、騎士道精神を感じさせるポロネーズからなります。

後年の作品群に劣らない傑作です。

 

シューマン「チェロ協奏曲」

シューマンの後期作品。後期作品らしい渋い音楽ですが、夢見がちな楽想が魅力です。シューマンが作曲のためにチェロを練習していた成果が現れています。

しかし、プロのチェリストから聞いたところによると、技巧的には演奏可能なギリギリのラインといえるほど難易度が高いようです。

 

チェロの有名曲、いかがでしたか?

後編でも引き続き、チェロの楽曲を紹介していきますのでお楽しみに!

052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

TOPに戻る

まずはここから 無料体験レッスン

まずはここから 無料体験レッスン

楽器プレゼント