楽しく楽器を習える大人の憩いの場  クラブナージ音楽教室

名古屋(名駅・今池・栄)にあるクラブナージのブログページ。 レッスンの模様など、普段のクラブナージの様子を公開中。

初めての方/体験レッスン申し込み 052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

まずはここから 無料体験レッスン

ブログ

2019.09.28 雑談(299)

【クラブナージの音楽知恵袋14】】ピアノ連弾曲傑作選(後編)

後編でも、ピアノ連弾の名曲の数々を紹介していきます!

 

ドヴォルザーク「スラブ舞曲」

ブラームスの「ハンガリー舞曲」の成功を真似して、チェコの舞曲のピアノ連弾譜を作曲しました。

田舎っぽさと異国情緒が受けて大成功!

 

フォーレ「ドリー組曲」

フォーレは、友人のエンマ・バルダック夫人の娘・エリーヌへのプレゼントとして、毎年1曲ずつ連弾曲を作曲しました。

全6曲の中でも、第一曲「子守歌」が有名です。

ちなみに「ドリー」とは、エリーヌの愛称です。ちなみにエリーヌは、ドビュッシーからもピアノ曲「子供の領分」を献呈されています。恵まれているなあ・・・

 

ラヴェル「マ・メール・ロワ」

ラヴェルは、友人であるゴデブスキ夫妻の2人の子、ミミとジャンのためにこの曲を作曲しました。

ただ、子供が弾くには難しすぎたため、初演はプロのピアニストに任せました。

終曲の「妖精の園」の美しさは特筆に値します。

 

プーランク「四手のためのソナタ」

プーランク初期の傑作です。

若々しい不協和音と旋法性が心地いい一曲です。

 

ミヨー「スカラムーシュ」

ミヨーは、依頼を受けてもあまりやる気がなかったので、自作の旋律をつなぎ合わせて(割と適当に)作曲しました。

しかし、それが大ヒット・・

ラテン的で溌溂とした性格が、非常に高い演奏効果をもたらします。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はオリジナルのピアノ連弾曲を紹介しました。

 

この他にも、ポップスなどの編曲ものや、初心者や子供のための連弾曲も多くあります。

あなたの自宅のピアノでも、ぜひ連弾を楽しみましょう!

 

052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

TOPに戻る

まずはここから 無料体験レッスン

まずはここから 無料体験レッスン

楽器プレゼント