楽しく楽器を習える大人の憩いの場  クラブナージ音楽教室

名古屋(名駅・今池・栄)にあるクラブナージのブログページ。 レッスンの模様など、普段のクラブナージの様子を公開中。

初めての方/体験レッスン申し込み 052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

まずはここから 無料体験レッスン

ブログ

2019.09.13 雑談(282)

【クラブナージの音楽知恵袋5】変奏曲とは何ぞや?どんな曲がある?(後編)

 Ã§Â´Â™, 印刷, 音楽, メロディー, ピアノ, シート ミュージック, ノート, 音部記号, 作曲, 組成

変奏曲とは、長短さまざまな主題(テーマ)または旋律を、カタチを変えながら繰り返す形式です。

 後編では、前編に引き続き変奏曲の名曲紹介と、変奏曲の分類についてお話しようと思います。

 

変奏曲の名曲

チャイコフスキー「ロココの主題による変奏曲」

https://www.youtube.com/watch?v=ygkRtPsgnf4

実質的にはチェロ協奏曲となっています。ロココ風の主題(モーツアルト時代のスタイル)はチャイコフスキーの自作です。

 

ラフマニノフ「コレルリの主題による変奏曲」

https://www.youtube.com/watch?v=acMuqG70ha0

スペインの古い旋律「ラ・フォリア」が、ロシア風味付きで変奏されます。

 

ラフマニノフ「パガニーニの主題による変奏曲」

https://www.youtube.com/watch?v=pyT-2NvGv0s

先述のパガニーニの変奏曲のテーマを素材にして、近代的な様式のピアノ協奏曲として作曲されている。

 

レーガー「モーツアルトの主題による変奏曲」

https://www.youtube.com/watch?v=tflcg4yymr4

有名なモーツアルトの主題が仰々しく、こってりとした味わいで展開されています。

 

ウェーベルン「ピアノのための変奏曲」

https://www.youtube.com/watch?v=dQ746v4tn_g

調性のない、人為的に構築された音列がこねくり回されます。非常に難解な曲です。

 

シェーンベルク「管弦楽のための変奏曲」

https://www.youtube.com/watch?v=iL1XzH6gpAY

12音技法(調性のない曲を書くための技法)で書かれた変奏曲で、主題と9つの変奏、終曲からなっています。ウェーベルンの作品と同じく、一般人には難解な曲であるといえます。

 

以上が、変奏曲の名曲の数々です。

一言で「変奏曲」と言っても、様々な変奏の仕方があることがお分かりいただけたかと思います。

 続いて、変奏曲における変奏の分類についてお話していきます。

 

 

変奏曲の分類

 変奏曲における変奏の仕方は、大きく分けて以下の2つのタイプに分類されます。

 

   ほとんど原型から逸脱しない変奏

古くからある伝統的な変奏で、「単純変奏」と呼びます。

前編にて紹介したモーツアルトの「キラキラ星変奏曲」がこのタイプに該当します。

 

②   テーマの原型から大きく逸脱する展開をみせる変奏

曲が進むにつれて、だんだんと原型が分からなくなります。

この発展の仕方を「性格変奏」と呼びます。

ブラームス以後の作曲家による変奏曲に多いタイプです。

 

多くの楽曲は、この「単純変奏」と「性格変奏」の2つの組み合わせで構成されていることが多いです。

 

 

まとめ

変奏曲は、1つのメロディーがこれでもかと形を変えるのが醍醐味の形式です。

聴いても良し。弾いても良し。

目まぐるしく変わる曲調・色彩を大いに味わいましょう。

 

※本ブログは筆者個人の見解です。

筆者:ブログ班T①

052-753-7200 平日 13:00〜20:30/土・日 11:00〜19:30 月曜定休

TOPに戻る

まずはここから 無料体験レッスン

まずはここから 無料体験レッスン

楽器プレゼント